動画コンテンツ観られているのか?

ライトアップがアンケートサイト「予測市場」で、「動画サイトの閲覧・投稿」にかんする利用状況を実施。調査結果から動画の閲覧状況が見えてきました。

スマートフォンの普及や、ソーシャルメディア、YouTubeなどにより、以前よりも動画コンテンツを閲覧する機会が増えてきていますが、一般ユーザの閲覧頻度はどれくらいなのでしょうか?

またどのような閲覧環境で動画コンテンツを観ているのでしょうか?どのようなコンテンツが人気なのでしょうか?

アンケートをもとにユーザと動画コンテンツの実態をご紹介します。

 
 
[Question 1]
どれくらいの頻度でインターネットの動画コンテンツを観ていますか?

動画コンテンツ

ほぼ毎日(40.1%)
週4~6回(9.2%)
週2~3回(22.1%)
週1回(12.9%)
ほとんど見ない(15.7%)
 
 
[Question 2]
動画コンテンツをどの機器で観ていますか?

動画コンテンツ

パソコン(83.9%)
スマートフォン(16.1%)
 
 
[Question 3]
どのような動画コンテンツを観る機会が多いですか?(複数回答可)

動画コンテンツ

Facebook・Twitterなどの知り合いが撮影した動画(23.5%)
YouTube・ニコニコ動画などの面白動画や音楽動画(88.0%)
Ustream・ツイキャスなどの生放送動画(5.5%)
調べ物で見つけた実用的なノウハウ動画(10.1%)
その他(7.8%)
 
 
[まとめ]
・7割以上のユーザが週に複数回、動画コンテンツを閲覧
・80%超のユーザがパソコンから閲覧
・面白動画や音楽動画が圧倒的な人気

ほぼ毎日、動画コンテンツを閲覧するユーザを筆頭に、7割以上のユーザが週に複数回、動画コンテンツを閲覧しています。
また大多数のユーザがパソコンで閲覧していることもわかりました。
YouTubeや、ニコニコ動画などで面白動画や、音楽動画を楽しむユーザが多いようです。
 
 
ライトアップでは、動画コンテンツの制作代行にも対応しています。
取材コンテンツの代行サービスで培ってきた現地ディレクションのノウハウと、動画撮影の専門パートナーとのノウハウを活用した動画コンテンツの制作が可能です。